臭いバスタオルを捨てる前に!

臭いバスタオルを捨てる前に!

臭いバスタオルを捨てる前に! 使い続ける内に嫌な臭いが発生することの多いバスタオルですが、原因は目に見えないカビ菌によるものが大半です。
多くのカビは湿って暖かい環境を好むため、洗濯して濡れたまま置いておくと菌が繁殖し臭いを生じさせます。
バスタオルは脱衣所や風呂場といった湿気の多い場所で使用し、濡れる機会も多いため菌が繁殖しやすいのです。
また、洗濯機の洗濯槽にカビ菌が発生していると、洗濯すること自体が臭いを発生させている可能性があります。
洗濯機は水を利用する家電ですので、洗濯層のカビが増殖するのを防ぐ洗剤を使ったり、湿気がこもらない対策を行っておきましょう。
一度菌が付いてしまうと、水に濡れるたびに臭いを放つようになり、原因となるカビがいなくなるまで、通常の洗濯では対処のしようがありません。
しかしカビを殺菌をすれば元通りになるので、捨てることなく使い続けることができます。
簡単な殺菌方法には、重曹を使う方法があります。
洗濯用洗剤と一緒に適量の重曹を洗濯機へ投入し、しっかりすすぐだけです。
また、洗濯をしたのちに、漂白剤を溶かしておいたお湯に浸け置きする方法も効果的です。
お湯がさめる程度まで時間が経過したら、すすいできちんと脱水して干します。
どちらも脱水後はすぐに天日干しにして、赤外線の力を利用した殺菌を行うのがおすすめです。

臭いバスタオルのニオイを取る方法

臭いバスタオルのニオイを取る方法 洗濯してしっかり乾かしたはずなのに、バスタオルが臭いという経験は恐らく誰にでもあることでしょう。
実際に、何度洗濯機で洗ってもニオイが取れないとしたら、その原因は雑菌にあることでしょう。
タオルには、剥離した角質や皮膚膜、また汗に含まれている塩分などが付着しているものです。
一旦、雑菌が繁殖してしまうと、何度洗っても菌は生き続けることができるほどの生命力を持っているのです。
そこで、バスタオルに付いた雑菌を完全に取り除くことによってのみ、あの嫌なニオイを取ることができると言われています。
臭いバスタオルのニオイを取る一つの方法は、煮沸する、つまり熱湯消毒するということです。
鍋か何かにタオルを入れてぐつぐつと煮てみましょう。
その後、普通に洗濯すると気に名あるニオイはなくなっていることでしょう。
もう一つの方法は、酸素系漂白剤を使ってつけおきするというものです。
この酸素系漂白剤には、水に溶けると活性酸素を出すという特性があります。
その酸化力で、タオルに繁殖した雑菌を消毒することができるのです。
中でも、粉末タイプの酸素系漂白剤を使ってつけおきすれば、バスタオルの臭いニオイを効果的に取ることができるでしょう。

関連サイト

「臭い バスタオル」
に関連するツイート
Twitter

外が寒いって理由で部屋に干してたバスタオルがめちゃくちゃ魚?臭い

3枚でローテーションしている バスタオルのうち1枚から マムシの臭いがしてきた #シャー #替え時

バスタオルが絶望的に臭い

返信先:@naTsu3yamato臭いなかバスタオル干しちゃったから匂いだけ心配っ!笑

ふとしたはずみで自分のバスタオルや枕カバーのにおいを嗅いだらオヤジ臭い 布も年とるんだな

Twitterおもしろツイートbot@roughtter_bot

返信 リツイート 12/12(水) 23:23

布巾のシミや臭いが酷くなってきたので煮洗い。ちょい面倒だけどキレイになります。次はバスタオルを煮てやります。 #洗濯 #煮洗い #年末ぽい事してます #布巾の悪臭黒カビシミ取れまっせ #奥さんオススメでっせ #冷めたら軽くゆすいで洗濯機で回しちゃうぞ instagram.com/p/BrSUhVegSTv/…

独歩ちんのバスタオル巻いてるけど、ふと辛い時に顔にかけた時に正直この手のバスタオルって洗濯しないと臭いんだろうなって思ってたら割といい匂いして、うわっ独歩お前!!ってなった、