臭いと感じるバスタオルのニオイの原因

臭いと感じるバスタオルのニオイの原因

臭いと感じるバスタオルのニオイの原因 洗ったはずなのに臭いと感じるバスタオルのニオイの原因は、主に細菌にあります。
洗濯機などで洗ったタオルをすぐに干さず長い時間カゴに入れたまま放置したり、室内干しなどによって中途半端に生乾き状態にしてしまうことにより、カビや細かいホコリなどが付着しそこから細菌が発生してしまうことが考えられます。
そして、細菌が付着してしまったバスタオルを再度洗う際に完全に菌を落としきれず、その結果再びニオイが発生してしまう…といった悪循環に陥ってしまうのです。
この臭いニオイを除去するのにおすすめの方法は、熱湯洗浄を行うこと。
菌は熱を与えることによって死滅する性質があるので、40℃〜50℃ほどに温めたお湯に漂白剤を適量入れバスタオルを浸し、よくすすいでから日光に当て風通しの良い場所で乾かしましょう。
この方法によってニオイの原因となる細菌を軽減させることができます。
日常生活の中でも、濡れたまま放置しない・完全に乾いてからしまう、など気をつけて扱うと良いでしょう。

臭いバスタオルのニオイを取る方法

誰もが経験するバスタオルの「臭い」 バスタオルが臭くなってしまった経験は誰にもあるはずです。
臭いの原因は、洗濯しても落ちきらなかった雑菌です。
部屋干しをするなど濡れた状態が長く続くことで雑菌が繁殖して臭います。
この雑菌は一度繁殖してしまうと、洗濯で洗い落とせたり、死んだりしませんので臭いは強くなっていくのです。
対策としては、酸素系漂白剤を入れた40度以上のお湯に1時間ぐらいつけておいてから洗濯をします。
漂白剤は40度以上になると効果が上がるので、必ず40度以上のお湯を使い、漂白剤も液体タイプは粉末タイプよりも除菌効果が弱いので、粉末タイプの漂白剤を使ったほうが臭いが落ちやすいです。
あと、菌は熱に弱いので40度以上のお湯で下洗いをするだけでも効果があります。
鍋で10分から20分ぐらい煮洗いをしたり、熱湯をかけても効果があります。
予防としては、洗濯前でもできるだけ濡れたままで放置しないようにしたり、洗濯後はできるだけ早く干すようにして雑菌が繁殖しにくくするのが効果的です。

「臭い バスタオル」
に関連するツイート
Twitter

オキシづけダイエット流行らんかな。 お風呂に60度のお湯貯めてそこに薄汚れた旦那のTシャツ、臭いバスタオルとか色柄と白物分けて何回も浸け置きしてしばらく置いてる間に靴も浸け置きしたあとゴシゴシブラシで擦ってたらホンマにあっっつい。汗ダラダラよ? んで加湿されまくりやし。良き。

Twitterえのゆ(・∀・)@nyan0myv

返信 リツイート 51分前

外が寒いって理由で部屋に干してたバスタオルがめちゃくちゃ魚?臭い

3枚でローテーションしている バスタオルのうち1枚から マムシの臭いがしてきた #シャー #替え時

バスタオルが絶望的に臭い

返信先:@naTsu3yamato臭いなかバスタオル干しちゃったから匂いだけ心配っ!笑

ふとしたはずみで自分のバスタオルや枕カバーのにおいを嗅いだらオヤジ臭い 布も年とるんだな

Twitterおもしろツイートbot@roughtter_bot

返信 リツイート 12/12(水) 23:23